サプリメントを使って、ビタミンCを体内に取り入れている人は多いですが、身体に悪影響をもたらすことはないのでしょうか。サプリメントは健康食品であるので、副作用は関係ないと思われがちです。とはいえ、サプリメントの中には、思わぬトラブルの原因になってしまうこともあります。より確実に健康効果を得たいからという理由で、規定量よりも多いビタミンCのサプリメントを飲もうとする人もいます。水に溶ける性質があるビタミンCは、アスコルビン酸と呼ばれており、少しくらいなら摂りすぎても問題はありません。尿や汗へと溶け出すためです。ただし、一度にたくさんのビタミンCを摂取すると、腸の働き過ぎが下痢を引き起こしてしまったり、吐き気が強くなることもあります。ビタミンCを飲み方をきちんと踏まえて利用している限りは、お肌をきれいにして、身体を健康にしてくれる優れた栄養素です。人間の体は日々、紫外線や喫煙、暴飲暴食、ストレスなどにより発生した活性酸素によるダメージを受けています。活性酸素の働きによって老化が進むことがないように、ビタミンCの抗酸化作用が活性酸素の働きを抑制してくれます。皮膚へと送られるビタミンCの量が少ないと、コラーゲンの効率的な生成が難しくなって、肌の調子が悪くなります。サプリメントでビタミンCを補給しておくことで、健康や、美容に役立つというビタミンCの利点を活用することができます。ビタミンCは、時間が経つと徐々に失われていきますので、サプリメントだけでなく、食事からも摂取する習慣をつけるようにするといいでしょう。