天然成分から抽出されたビタミンCか、合成されたビタミンCかで、サプリメントの価格が異なります。合成ビタミンCと、天然ビタミンCの、どちらがより効果が高いかと問われれば、天然ビタミンCだと考えられがちです。ビタミンCのサプリメントの場合、他のサプリメントと違って、天然成分のほうがいいということはありません。天然素材から抽出されたビタミンCにこだわらずとも、合成のビタミンCで十分に効果を得ることができます。現在の技術では、天然素材から取り出したビタミンCとほとんど同じものを合成のビタミンCで作り出すことが可能です。そっくりにつくろうと思っても、天然成分と同じ構造の物質がどうしてもできなければ、天然成分から取り出してサプリメントにしたほうがいいことになります。合成によって同じものをつくろうとしても、天然成分に似せることができないという場合は、天然成分のほうが効果が高いままです。しかし、ビタミンCは天然成分でも、合成成分でも、大体同じような成分をつくることができるので、違いが少なくなるわけです。サプリメントの原材料として、動物や植物を用いているという時は、アレルギーの原因物質が入っていたり、農薬が混入している可能性を否定できないというデメリットがあります。合成成分から製造されたサプリメントより、天然成分から製造されたサプリメントのほうが、高価になりやすいことも、考慮に入れる必要があります。サプリメントは、長く飲み続けることが前提になりますので、大量に安く製造可能な合成サプリメントは重宝します。ビタミンCのサプリメントを使う時には、合成ビタミンCのサプリメントにするか、ビタミンCを含む天然素材のサプリメントにするかも重要です。