年齢を重ねるにつれ身体の老化は避けがたいことですが、アスタキサンチンである程度抑えられます。生活習慣病の予防、肌やダイエットなど美容効果も期待できる成分であるためサプリメント商品としても人気があります。抗酸化力のある成分として知られているβーカロテンやビタミンEなどとは違い、アスタキサンチンは細胞膜の内側で働くことができます。細胞膜内部にまで効果を及ぼすことから、アスタキサンチンを摂取することで、眼精疲労や、脳の老化にも効果があるといいます。紅ジャケ2切れか、エビ10匹に含まれるアスタキサンチンが3~6gであり、一日に摂取することが望ましい量であると言われています。紅鮭もエビも特別な食材ではありませんが、料理して摂取するデメリットは、食材に含まれている塩分をとりすぎてしまう恐れがあることです。塩分は、多くなりすぎないようにすることが大事です。魚介類を料理して食べるとなると、醤油を使用することも多くなり、塩分の摂取量が増えてしまいがちです。その点、サプリメントであれば、必要なアスタキサンチンだけを塩分を気にする事なく、摂取できるので安心です。身体に常にアスタキサンチンの効果が現れるようにするには、摂取から7時間後に効果が出ることを考えて、朝と晩に飲むようにしましょう。サプリメントでアスタキサンチンの効果を引き出すためには、朝と晩の食事中ないしは食事を終えてから、摂取するといいでしょう。アスタキサンチンは脂溶性のためサプリメントで摂取するタイミングは、食事中や食後の胃で消化が行われている時が効果的といわれています。