しわやたるみは年齢と共に増えてくるものなので、常日頃からの肌ケアが大切になってきます。今までなかった場所に、しわやたるみができているということがあります。だんだんと年齢を重ねるうちに、しわやたるみが知らないうちに増えていたという話はよくあることです。人間の体を構成する部位のうち、顔は隠しようがない場所ですが、特に目がくぼんでくると疲弊した雰囲気になります。フェイスラインがたるんでメリハリがなくなると、若々しさがなくなり、年齢よりも老けた顔に見られます。外見の印象は、しわやたるみが増えて顔のラインが変わることで、大幅に年をとったように見えます。たるみの原因は、紫外線や食生活により、肌の中にある弾力が失われてしまうことです。お肌に紫外線を照射されると、メラニン色素が生成されて日焼けが起きるだけでなく、肌の保湿力が失われて乾燥しやすくなったり、ヒアルロン酸量が減少してしまいます。皮膚は頭皮からつま先まで一枚の皮でつながっているので、頭皮をマッサージすることでリフトアップして、たるみを改善することができます。しわには色々な種類がありますが、おでこ、目尻、眉間など、しわのでき方や特徴も違います。ほうれい線のしわは骨格や生活からくる表情じわであり、肌の乾燥が原因となるちりめんじわもあります。毎日肌のお手入れをして、肌にいい食材を食べ、適度な運動をして、ストレスの蓄積しない生活をすることが、しみやたるみを解消するためには重要なことといえます。