日頃から、スキンケアを丁寧に施すことで、しわやたるみのないお肌でいられます。マッサージをしてお肌の代謝を活発にしたり、食事内容を工夫して肌にいいものを摂ることも、しみやたるみ対策としては有効です。紫外線量は四季の変化によっても変わりますが、紫外線対策は冬でも雨天時でも行うよう心がけましょう。昔は、少しくらいは日焼けしたほうが好ましいという風潮でしたが、現在では紫外線は防ぐべきものです。紫外線を浴びると、皮膚の老化が進んで、しわやしみを増やすので、いいことではないと考えられています。紫外線を浴びることによって起きる肌の乾燥や色素沈着が原因で、肌の老化が進んでしまいます。スキンケアによって、お肌からなくなっていく水分を補給してあげることで、紫外線の肌への影響を軽減することが可能です。クレンジングの際に、化粧汚れを落とそうとして強くこすると皮膚を痛めますので、クレンジング剤を皮膚の上に塗り広げます。泡を皮膚の上で転がすような感覚で、皮膚を指で摩擦しないように注意をしながら、手早く洗うようにするといいでしょう。38度以上の熱いお湯を使って顔を洗うと、皮膚に残して起きたい肌本来の油分まで流出してしまうので、ぬるま湯で洗うようにします。洗顔後のスキンケアは、皮膚が乾く前に手早く行います。化粧水を十分に皮膚に含ませてから、乳液をつけます。この洗顔方法によって、紫外線で奪われた水分を肌に与えて、閉じ込めることが出来るようになり、しわやたるみの対策に役立ちます。