お肌のしわやたるみに警戒しつつも、まだまだ若いし、年をとってから考えればいいと楽観視している方も多いようです。年をとっても若々しい皮膚のままでいたいと考えているならば、普段のスキンケアを丁寧に行うことです。たるみやしわの原因には、ストレスの蓄積や、肌に合わないスキンケア、紫外線による皮膚への負担や、肌の水分不足も関わっているものです。歳月の経過は全ての人に同じく訪れますが、ストレスや紫外線、スキンケアのやり方などで肌のコンディションは変わります。しわやたるみにはそれぞれタイプがあるので、状況に適した対策方法を取ることで、より高い効果が得られます。ちりめん状の細かいしわは、皮膚の薄くデリケートなところにできやすいものです。表情変化に伴ってしわができやすい場所や、皮膚自体の重みで垂れ下がる部位もあります。細かな小じわができるところは、肌の保湿ケアが効果的です。表情じわについては、できやすい部位に特に注意をするといいでしょう。精神的なストレスや、紫外線を浴びることで、保湿成分であるヒアルロン酸や、コラーゲンが少なくなり、肌のしっとり感が失われることがあります。たるみができる理由はしわと似ていますが、表情筋トレーニングで解消可能なたるみもあります。年をとると皮膚がたるむのは、肌の一番外側にある角質層が乾燥に弱いために、水分を補っても弾力が戻りにくいために、垂れ下がることが多いためてす。張りや潤いに満ちているはずの若い肌がたるむのは、しわと同じように紫外線やストレスのせいで角質層が傷つくからです。自分の肌に合うスキンケアをして、肌の代謝を高めることや、紫外線対策に手を抜かないことが、しわやたるみ予防になります。