ミネラルの少ない食事をしている人は多いようです。ミネラルの中でも亜鉛が不足していると身体機能に支障が生じることがあります。食事などて亜鉛は欠かさず摂取したいものといえます。身体の色々な場所で亜鉛は重要な役割を担っています。不足してしまうと、味覚障害、髪質や爪質などに影響が出てくることが知られています。亜鉛には有害物質を捕まえて、体外に排出させるタンパク質を誘導する働きもあります。不要なものを排出する働きが弱くなると、毒素が体内に溜まってしまうことも考えられ、健康に影響が出てきます。体内で欠乏している亜鉛を摂取するためには、亜鉛サプリメントを飲むといいでしょう。食事だけでは亜鉛が不足している場合は、サプリメントを使うことで確実に亜鉛の摂取が可能です。サプリメントは、摂取するタイミングが明確に指定されてはいませんが、亜鉛の働きを上手に引き出す場合は、朝食か、昼食を摂ってから30分後に飲むことが適しています。起床後すぐに飲んでしまうと、胃腸に負担がかかりますし、空腹時にも胃腸への負担が大きくなり胃痛や頭痛を起こす可能性もあります。満腹時に服用すると吸収率が悪くなり、就寝前に飲んでしまうと胃腸が休まらないため疲れが取れにくくなります。これらのことを考慮すると、適度に食べ物が消化されて吸収率の良くなった食後30分程度がベストなタイミングと言えます。昼間、活動量が多い時間帯に、体内の亜鉛量が多いほうが望ましいですから、昼か朝に亜鉛を補うことで、起きている間の亜鉛を増やすようにしましょう。