お肌のお手入れをするために、肌に合う無添加の化粧品を見つけ出したいものです。ナチュラル化粧品や、オーガニック化粧品が、消費者に好まれているようです。体に優しく、リスクの少ない基礎化粧品を使いたいという人は大勢います。以前、名の知れた化粧品会社が、商品に難ありとして販売した商品を回収したトラブルがあります。世間でも注目された事件であり、はっきりと被害を受けた人、商品を回収してもらった人以外にも、より大勢の人が関わっていたと考えられています。ロドテノールという成分によって、お肌に白斑ができてしまうというもので、治癒が難しいことが問題になりました。基礎化粧品に含まれ、白斑をつくる可能性が高い成分としては、ロドテノール以外にも、ハイドロキノンモノベンジルエーテルやハイドロキノンがあります。幸い、使用量を間違えなければ白斑ができる可能性は低いので、規制されずに美白成分として基礎化粧品に使われて続けています。無添加の表示は決まりに沿って書かれていますので、添加物と見なされるものが入っていることもあります。無添加化粧品と書かれていても、指定された成分が入っていないことを意味するだけで、事実は曖昧なこともあります。確かに、添加物として指定されているいくつかの成分が使われていないものは無添加化粧品といいますが、防腐や殺菌の目的でそれ以外の成分が使われていることも珍しくはありません。日々肌につけ続けるものですから、納得のいく基礎化粧品選びをしたいものです。繊細な肌にじかにつける基礎化粧品を選ぶ時は、添加物の有無や肌への作用などをじっくり検討してください。