無添加化粧品を使う人が増えていますが、どういう商品が無添加の基礎化粧品なのでしょう。無添加と聞くと、お肌への刺激が少なく、肌トラブルのリスクが低いものという印象を抱いている人が大勢いるようです。しかし、無添加化粧品と謳っていいものはどんな化粧品なのかという明確な決まりはありませんので、ある種ものは言いようです。保存性をよくしたり、酸化を防ぐための成分は入っているけれど、色づけや香りづけはされていない無添加化粧品も存在します。色や香りは何もつけていないけれど、合成界面活性剤は含まれており、肌への刺激はある程度あるという無添加の基礎化粧品もあります。人によってはアレルギーの原因物質になるパラペンが酸化防止剤として使われていても、無添加化粧品として売り出されていることもあります。無添加と書かれている時には、界面活性剤や着色料、香料については無添加だったという基礎化粧品もあります。無添加と記載されているかどうかだけでなく、どんな成分が配合されているかを成分表示からチェックして上で商品を選ぶようにしましょう。基礎化粧品の中には、無添加オーガニックを売りにしているものもありますが、オーガニック成分以外の原材料が使われている場合でもオーガニックと書かれていることがあります。化粧品に使われている材料がまるまる全てオーガニック材料とはなっていなくても、オーガニック化粧品と名乗ることは可能です。また、添加物が含まれていないために変質しやすく、酸化、腐敗しやすい化粧品もありますので、取り扱いに注意をしなければなりません。もしも、無添加で基礎化粧品を選びたいと考えているなら、どんな成分が含まれているかをきちんと把握する必要があります。