基礎化粧品を選ぶ時に、無添加のものがいいという人は大勢いますが、無添加と書かれているからといって添加物が全くないとは言い切れません。一般的に、基礎化粧品を選ぶ時には無添加と記載されてさえいれば、肌への負担が少なく済むという印象があります。これから使う基礎化粧品を決める時に、無添加なら大丈夫という選択基準で選ぶことは、あまりいいことではありません。基礎化粧品とは、お肌の健康状態を向上させるために利用するスキンケア用品です。無添加化粧品として売り出されている基礎化粧品の中には、どういう意味で無添加と書いているのか明記されていないものがあります。添加物として、含有されている時には表示しなければいけない成分が幾つかありますが、それらが入っていないものを無添加と呼んでいます。アレルギーを警戒しなければならない成分に基づいて、化粧品表示指定成分が決められています。かなり昔につくられた制度なので、化粧品表示指定成分には、最近になって合成可能になった成分が含まれてはいません。化粧品表示指定成分には入っていないけれど、新しくつくられた添加物相当成分であるという可能性は高いのです。そのような新しい成分が配合されている基礎化粧品でも、化粧品表示指定成分が使われていないから無添加と書かれていたりもします。基礎化粧品の成分表示を確認すれば、どういう意味での無添加かがわかりますので、商品選びの参考にするといいでしょう。毎日のように自分の肌に浸透させる基礎化粧品を選ぶのですから、無添加という言葉だけで信頼してしまうのではなく、成分などをきちんと把握するようにしましょう。