多くの女性が、顔の筋肉を刺激して、引き締まった小顔になりたがっています。小顔になるためには、ダイエットをして体重を減らせばいいというものではありません。それどころか場合によっては、やつれてしまって、老けた印象になってしまうこともあります。小顔になるために美容整形をするとなると大がかりな話になりすぎます。小顔になる方法を模索している人はたくさんいます。表情筋を刺激できるような運動をして、顔のシェイプアップをするという方法があります。身体のシェイプアップをする時と同様に、顔の筋肉を使って、顔にある皮下脂肪を燃焼させるという方法です。顔の筋肉を鍛える運動は色々なものがありますが、その中の一つに、顔の各部位を左へと力を込めるものがあります。中心が終わったら右側に顔の部位を集めます。目や口の位置を意識して、できるだけ寄せていきましょう。次は上を見あげるように、上に寄せて30秒、その次は下に寄せて30秒間の体操をしていきます。左右上下、それぞれ30秒の運動をしたら、目を閉じて中心に顔の部位を集中させます。10秒数えたら、表情筋から力を抜きます。これで1セットです。この顔体操を毎日継続することで、顔の筋肉が鍛えられ、不要な脂肪が燃焼することで、小顔効果が得られます。顔の筋肉を使う体操をしても、すぐに小顔になるわけではないので、この方法を実践する時は、継続生を重視することが肝心です。