自分の肌質に合う石鹸を選ぶことが、洗顔の第一歩です。洗浄力が強すぎると、皮膚がピリッとすることがあります。洗顔用の石鹸選びは、肌に負担をかけないことが大事です。肌が敏感な人は、肌荒れが起きやすくなります。汚れをきちんと落とさなければ、肌荒れやニキビの原因になってしまいます。毛穴に入り込んだ汚れを強引に洗い落とそうとすることは、肌によくありません。皮膚に負荷をかけずに洗顔をしたいという時には、泥泡石鹸のような、刺激の優しい石鹸が適しています。皮脂汚れが、顔から自然と浮き上がってくるようにするには、泥泡石鹸の泡で覆うことです。泥泡石鹸の泥は、汚れに吸い付いて、顔から浮かせることができるので、きれいに洗顔できます。泥泡石鹸でつくった細かな泡は、毛穴の中に入り込み、毛穴の目づまりの原因になっている汚れも除去します。毛穴の汚れは普通の洗顔では落としにくく、皮脂や古い角質などが詰まりがちですが、泥泡石鹸の泡なら問題ありません。皮膚の保湿に必要な油分はキープしておくことができるので、洗い終わった後の肌はしっとりです。敏感肌で、刺激が強すぎると肌荒れの原因になるという人は、刺激がマイルドな泥泡石鹸が適しています。肌に合う石鹸を使った洗顔ケアと、その後の保湿ケアをきちんと行うことで、お肌のコンディションをよりよいものにすることができます。