にきびの悩みは、一度できると、きれいに治るまで日数を費やすことにあります。周りの人が見た時に、にきびに気づくことが多いことも、気になるところです。顔にできたにきびはそれだけで目につきやすいですし、近い場所に繰り返しできることもあって、早々に治したくなります。にきびをつくらないようにするには、お肌にいい食事を摂ったり、スキンケアを適切に行うことなどがあります。気がついたらにきびがあったという場合は、にきびを悪化させないように刺激を控えましょう。不用意に指でにきびをつついたり、爪でかすったりしていると、にきびの化膿が進む可能性もあります。皮膚が腫れたり、膿んでいるところを押したり、繰り返し触ったりしていると炎症がますますひどくなります。基礎化粧品等を使ってお肌をケアする場合にも、強い刺激を加えないようにしてください。炎症が起きている皮膚にとっては、普段使っている化粧品でもよくない場合もあるものです。お肌への刺激が少ない化粧品を選んで、にきびができている場所は刺激を与えないようにしましょう。肌の健康を守るためには、普段から肌への負担が大きくならないスキンケア用品を選ぶことや、肌の乾燥対策に気を配っておくことがポイントです。お肌の健康を保ち、にきびに対する適切なケアをするために、食事や生活内容も注意をしましょう。