表情筋によって支えられている顔の皮膚は、表情筋が衰えるとたるみやすくなりますので、表情筋のトレーニングがたるみの防止につながります。顔のたるみを無くしたいというのは、女性なら誰でも考えることではないでしょうか。顔の肌は通常、表情筋によって支えられおり、体の筋肉同様、加齢によっても衰えますが、使わないことでも衰えてしまいます。たとえば一人でいる時間が長い方は、しゃべることが少ないので、表情筋を動かす機会が少なくなる傾向があります。顔の皮膚がたるむのは、表情筋が弱って皮膚をキープしきれなくなった時に、皮膚自体の重みで垂れ下がってしまうからです。顔の皮膚がたるまないようにするには、表情筋を意識して動かして、衰えないようにすることです。表情筋エクササイズには様々なやり方がありますが、表情を大きく変えてみることが基本になります。鏡があれば鏡に向かって、顔全体を大きく変形させて色々な表情を作って見ましょう。眉の上げ下げ、目を見開いたり閉じたり、口を大きく開けたりすぼめたり、口角をしっかり引き上げて歯を出して笑顔を作ったり。短時間で顔に疲れを感じたら、それは普段表情筋を使っていないというサインです。色々な表情をつくったり、顔全体をマッサージしたりと、自分だけの時間のときに、表情筋を刺激するといいでしょう。美容や、お肌の健康に関心がある人は、表情筋を鍛えて顔のたるみを改善し、ハリやつやのある美しい皮膚になるようにしましょう。