ダイエットにはウォーキングがいいと言われ、多くの人が実践していますが、正しい歩き方はあるでしょうか。多種多様なダイエット方法が存在していますが、継続しやすく、効果を期待できるダイエットとして、ウォーキングダイエットがあります。もしもウォーキングでダイエットをするつもりなら、まず行うべきことは、正しいウォーキングのやり方について知ることです。もしもウォーキングダイエットにチャレンジするなら、注意したいことは何でしょう。ウォーキングを開始する前に、まずストレッチのような軽い準備運動をして、体をほぐすようにします。アキレス腱を伸ばし、屈伸運動をしておくことで、体の固さがほぐれて動かしやすくなり、アクシデントの予防になります。ウォーキングをする場合は、どういう足運びをするかを意識しましょう。歩く時には、つま先で地面を蹴るようにして歩を進め、かかとから意識して着地するようにします。ウォーキングを成功させるためには、踏み出す歩幅を大きくして、歩く速さもやや早めにすることで運動強度を調整します。腰や腕の動きに配慮しつつ、背が曲がらないように注意しながら歩きます。ダイエット効果を上げるために有酸素運動を行うなら、最低でも20分は運動しないと脂肪が燃えないので、効果を得るには30分が目安になります。ウォーキングを主体とするダイエットは、ハードな運動をする必要はないものの、毎日もしくは週に何回かを継続して実践することが、ダイエット効果が期待できます。