ダイエットの効果を出す方法の一つに運動やトレーニングがあります。食事などで体内に取り入れたカロリーは、使い切れないと体脂肪になって、身体に貯め込まれます。運動をすると脂肪が燃焼されるので、ダイエット効果が出てスタイルが良くなるのです。運動と言っても種類があり、ダンベルトレーニングやダッシュなどの無酸素運動とウォーキングなどの有酸素運動です。無酸素運動のほうが一気に疲れが出るのでダイエットに適しているようにも感じますが、おすすめは有酸素運動のほうになります。ダイエット効果が高い理由としては脂肪燃焼効果が挙げられ、脂肪はゆっくりと時間をかけて運動することで燃焼していきます。確かに無酸素運動は筋力が増えますが、長時間できることではなく、脂肪が燃焼しにくいのです。体脂肪を燃やすには、ウォーキング程度の運動なら30分は続ける必要がありますので、運動のペースに気をつけて、無理しない程度に行いましょう。継続しやすい運動かどうかもダイエット効果に影響があります。無酸素運動は体に負荷のかかるので、筋肉痛にもなりやすく、次の日に支障をきたしてしまう可能性もあります。身体負荷に構わず運動を続けた結果、ドクターストップがかかってしまうこともあります。続けることでダイエットの効果が出てくるので、体の負担が少なく気軽に行えるウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。