ご飯の代わりにキャベツを主食にした炭水化物抜きダイエットは手軽にできる方法として知られています。炭水化物抜きダイエットという有名なダイエット法があります。炭水化物以外の食事で生きるというダイエットのやり方もありますが、白米、パン類、うどんやそうめんなどの炭水化物を少なくすというやり方もダイエットには有効です。主食抜きダイエットとも言われているこのダイエットは、実践するに当たって問題になるのは、代わりの主食を何にするかということです。ご飯ではなく、キャベツを食べることで、一回の食事にするというアプローチがあります。キャベツがいい理由は、様々な料理との相性がいいことと、食物繊維が豊富で便秘解消に役立つこと、コストパフォーマンスがいいことや、低カロリーなことがあります。よくお肉料理や揚げ物に千切りのキャベツが添えられていますが、その添え物のキャベツをたっぷりにしてご飯の代わりにおかずと一緒に食べるだけなので準備の手間もそれ程無く手軽に始めやすいと思います。意外だと思う方がいるかも知れませんが、キャベツの千切りにカレーをかけても美味しいですし、ミートソースをかけても美味しく食べられます。濃い目の味つけがされているおかずを食べる時に、キャベツの千切りが一緒に出されていると、とても食べやすいものです。あまり献立悩まずに済むので、キャベツを利用した主食抜きダイエットは、比較的簡単に続けることが出来るのがメリットです。生のままのキャベツは適度な食べごたえがあり、しっかり咀嚼して食べる習慣が身につきますので、満腹感を感じやすいともいいます。キャベツは、比較的入手しやすい身近な食材ですので、ダイエットのためにしばらく実践してみることもいいでしょう。